スポンサードリンク


2015年08月06日

【注意】LINE乗っ取りの新たな手口は「携帯電話番号教えて」

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



8月4日、LINEは公式ブログで、LINE乗っ取り(不正ログイン)の新たな手口を公開し、注意喚起しています。
その新たな手口とは、知人や友人になりすまして、電話番号やLINEから届く4桁のSMS認証番号を聞き出し、悪用するというものです。



LINEの公式ブログでは、最近報告されたケースが掲載されていましたのでご紹介します。


901917AE-2D89-42C7-839B-2223A58424E6.png


まず知人や友人になりました犯人から、「電話番号を教えて。そして、ラインの確認メッセージを認証してもらえる?」とのメッセージ。


それを信用して携帯電話番号を送ると、「4桁のPINコード(SMS認証番号)が届いたら送ってね。」というメッセージが届きます。


そしてPINコードを送ってしまうと、犯人はこれを悪用し、新しいLINEアカウントを作ったり、別のLINEアカウントにログインできるようになってしまいます。
犯人はそういったアカウントを詐欺などの犯罪に利用するのです。


また、送信してしまった側は今まで使っていたLINEアカウントが使えなくなる(乗っ取られる)などの被害が発生ます。


PINコードの要求の後には、「◯◯が届いたらその情報を教えて」などといった要求のメッセージが送られてきて、個人情報を聞き出そうとしてくることもあるとのこと。



被害に遭わないために、注意すべきポイントをご紹介します。


それは、家族や友人から個人情報やPINコードなどをLINEで送ってきてほしいと言われても、絶対に送らないことです。
親しい人からのLINEであったとしても、それが何者かによって乗っ取られている可能性も十分考えられます。
どうしても教えてほしいという場合は、電話や実際に会うなどして、理由を聞くことが大切だということです。



もし、自分のLINEアカウントが乗っ取られてしまうと自分が困るだけでなく、友だち登録している他の人にも迷惑がかかってしまう可能性もあるので、LINEの怪しいメッセージには十分注意する必要がありますよ!



詳しくは、LINE公式ブログでご覧ください。



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら



posted by NIKIRA(ニキラ) at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

大阪大学で世界最強のレーザーが!!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



7月27日、大阪大学の研究チームはエネルギーを一瞬に集中させて、出力2ペタワット(2クアドリリオンワットともいうそうです)のレーザー光を出すことに成功したと発表しました。


2ペタワットは2に0が15個並ぶ位になります。
ワットで表すと、2,000,000,000,000,000ワットとなります。想像がつかないほど大きい数字です。


それほど大きな出力のレーザーを連続で使用することはできません。なぜなら、そのレーザーの出力は瞬間的には世界中の消費電力の約1,000倍にあたるからです。


そのため、レーザーの駆動時間はたったの1トリリオン分の1秒。こちらは1に0が12個並ぶ位になります。数字で表すと、1,000,000,000,000分の1秒です。


レーザー光そのもののエネルギはー、電子レンジを2秒間ほど動かすくらいなのです。
そのエネルギーをごくごく短い時間に集中させることによって、高い出力のレーザー光を出すことを実現しました。



この実験には、測定装置を含めた大きさが約100メートルもあるという大阪大学の大型レーザー装着「LFEX」が使われました。
蛍光灯に似たランプで特殊なガラスにエネルギーを与え、レーザー光を増幅することを繰り返すことで出力を上げていきました。



今回、世界最高の出力のレーザー光を出すことをに成功しましたが、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの河仲準二助教授は、「世界で高性能化の競争が激しく、それに勝つために、今後10ペタワットまで上げていきたい」と述べたそうです。


ちなみに、出力がペタワット級のレーザーは大阪大学のほか米国や韓国など6施設あるそうですよ。


今回の実験の詳細は、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターのサイトをご覧ください。



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら




posted by NIKIRA(ニキラ) at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

iPhone 6sは「Force Touch(感圧タッチ」に対応!?

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



外観がiPhone 6とほとんど変わらないと見られている次期iPhoneのiPhone 6sですが、「Force Touch (感圧タッチ)」が搭載されるのかもしれません。


66BB8E43-2372-4608-AD0C-E5B6AE13C33E.jpg


画像を見ただけでは何もわかりませんが、中国のメディアGeekBarによりますと、最終的な確認は取れていないものの、iPhone 6sは「Force Touch (感圧タッチ)」に対応しているようだとのこと。


1122D98B-E6EA-4775-86F4-FDF96CB91981.jpg


また、GeekBarはiPhone 6sのフロントパネルと液晶ディスプレーだという画像を公開しました。


1B52BBAD-5E86-46DF-A910-3A4424F5B3DD.jpg


公開された画像に写っているパーツがiPhone 6sのものかどうかは判断できませんが、「Force Touch (感圧タッチ)」用のパネルがフル生産体制に入っているとの情報もあるので、期待できます。



iPhone 6と外観が変わらないとの情報があり、少し残念な気持ちになっていましたが、「Force Touch (感圧タッチ)」が搭載されるとなると、気持ちが盛り上がりますね!


これからの情報に期待したいと思います!



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら
posted by NIKIRA(ニキラ) at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

【意外】iPhone 6は30分間水に浸しても問題なく動作した!?

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



iPhoneシリーズは全て防水機能がなく、iPhoneの残念なところになっているのではないでしょうか。しかし、意外なことに30分間水に浸しても問題なく作動したとの情報があり入ってきました!



YouTubeの人気チャンネル「EverythingApplePro」が韓国サムスンのGaraxy S6と米AppleのiPhone 6を水に浸した後、問題なく動作するかどうかを検証する動画をアップしました。


その動画がこちら↓↓



この動画ではまず、iPhone 6とGaraxy S6を水に浸します。

0187B2EA-60EC-4950-A295-2AA17737AC4F.png


そして10分が経過した時点でiPhone 6とGaraxy S6の両方を取り出し、水を拭き取って動作の確認をすると、問題なく動作しています。


5209AC45-F4FA-4B73-9781-4557159DC32B.png


30分浸した場合も同じように、問題なく動作していました。



防水機能がiPhone 6とGaraxy S6がそれほどの時間水浸しても問題なく動作したことはとても驚きました。
ただ、この実験では良い結果になったものの、もともと防水機能のないiPhoneなどを意図的に水につけることは絶対にないようにしてくださいね!



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら
posted by NIKIRA(ニキラ) at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

【注意】スマホも熱中症になる!?対策法もお伝えします!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



連日暑い日が続いていますが、皆さんの体調はいかがでしょうか。これからまだまだ暑くなりそうですが、熱中症などには注意したいものです。


C79F65D2-91BB-4485-897A-0870F81F7F17.jpg


ところで、熱中症はスマートフォンにも起こることをご存知でしょうか?


猛暑の中ではスマホは非常に高温になることがあります。そうなるとスマホも熱中症になり、故障してしまったり、寿命が短くなったり、最悪の場合発火することもあるとのこと。


今回はそんなことにならないために、スマホが熱中症になってしまう原因とならないようにする対策法をお伝えします!



熱中症は人だけでなく、スマホにもあるといったのはオーディオ・ビジュアル&家電評論家の鴻池賢三さん。


スマホ充電中にアプリを使ったり、ゲームをしていたら、端末がかなり熱くなることがありますよね。それが「スマホ熱中症」だそう。


まずは3つの原因を1つずつ見ていきましょう。


1つめの原因はスマホの薄型化です。

スマホが熱くなるのはCPUや基盤、ディスプレイが動作するためです。近年スマホが薄型化されることによってそれらの電子部品が隙間なく埋め込まれていたり、防水機能があったりして十分な通気を確保することができなくなっているのです。
その結果内部で発生した熱がこもってしまうことになります。


2つめの原因はスマホにつけているケースです。

本来、スマホにはある程度の放熱ができるように設計されています。例えばiPhoneは背面には放熱性の高いアルミが使用されているといったことがあります。
しかし、ケースを付けてしまうとこういった仕組みが働かなくなります。そうなると、熱がスマホにこもってしまうことになります。


3つめの原因は重いアプリの使用&充電です。

美しいグラフィックのゲームアプリなどは長時間使用することが多いです。そんな時にもスマホが熱くなってきます。
またそのような重たいアプリはバッテリーを多く消費することが多いので、充電したりしながら使うことも多いかと思いますが、それはより「スマホ熱中症」になりやすい原因となります。



ここまで「スマホ熱中症」になってしまう原因をお伝えしてきましたが、どうやって対策すれば良いのでしょうか。
主な対策法が4つありますのでご紹介します。


主な対策法の前に、どれにも共通することがあります。それは「充電をやめる」ことです。また、アプリの使用も控えた方が良いです。


1つめの対策法は「電源を切るか機内モードにする」です。

これは最も手っ取り早い方法です。
スマホの電源を切ってしばらく置いておけば、熱を下げることができます。また、機内モードにするだけでも通信が遮断されるので温度の上昇を防ぐことができます。
このとき、スマホをケースに入れている場合は外すようにしてくださいね。


2つめの対策法は「涼しい場所に持っていき、風に当てる」です。

人間と同じように、クーラーの効いた部屋(25℃〜28℃がおすすめ)に持っていくと良いです。そして扇風機の風に当てるなどして、ゆっくり温度を下げるようにしてください。


3つめの対策法は「スマホ用の冷却シートを貼る」です。

最近はスマホ用の冷却シートなどが販売されているので、それを使ってみるのも良いと思います。
ただし、人に使う熱を下げるシートは使わないでください。


4つめの対策法は「SIMカードを抜く」です。

電源を切ってSIMカードを抜くと、スマホ内部の通気性が良くなりこもっている熱を放出されることができます。
わざわざSIMカードを抜くのは面倒なので、スマホを使っていないときにこまめに熱を冷ますことが大切です。



対策法を4つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ここで、絶対にやってはいけないことをお伝えします。


スマホが熱くなってしまって冷やすとなると、どうしてもさっさと冷ましたいといって冷蔵庫に入れたり、氷枕に置いたりしたくなりますがそれは絶対にしてはいけません
急激に冷やすことによって内部で結露が起こり、最悪の場合水没状態になって故障してしまうかもしれません。


スマホは精密機器ですから、一気に冷やさずにゆっくりと温度を下げることを意識してください



これからまだまだ暑い日が続きますが、自分自身の体調はもちろん、それと同時にスマホが熱中症にならないように気を使うことが大切ですね!



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら




posted by NIKIRA(ニキラ) at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。