スポンサードリンク


2015年06月16日

「Apple Design Awards 2015」受賞のアプリ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



先日、Appleのイベント「WWDC 2015」が開催され、iOS 9などの新しいOSが発表されました。


さらにそれだではなく、「WWDC 2015」恒例の「Apple Design Awards」の2015年度受賞作品が発表されました!


4BC5F831-390D-45AD-84F4-435AE5397BD0.jpg


機能やデザイン、革新性など様々な面でAppleがアプリを選考する「Apple Design Awards」。


今回はその「Apple Design Awards 2015」を受賞したアプリ12本をご紹介します。



​《Shadowmatic》​Triada Studio


オブジェクトによって投影された影を回転させたりするパズルゲームアプリ。Metalも使用されていますよ。


《Affinity Designer》Serif (Europe) Ltd.


OS X用の高性能なグラフィックデザインアプリ。RetinaディスプレイやOS X Yosemiteに最適化されていて、高度な機能も使用できます。


《Robinhood》Robinhood Markets, Inc.
「Robinhood」のダウンロードはこちらから


Apple Watchと連携する株式取引アプリ。認証にTouch IDを利用しています。


《Metamorhpabet》Vectorpark, Inc

「Metamorphabet」のダウンロードはこちらから


タッチ操作用に作られたアニメーションアルファベット。デザイン賞を受賞しました。


《Crossy Rord (クロッシーロード)》Hipstar Whale Pty Ltd.

「クロッシーロード」のダウンロードはこちらから


思わずハマってしまうような中毒性のあるゲームアプリ。単純な操作ですが、ついつい夢中になってしまいます。日本語対応です(僕も遊んでいます)。


《Workflow》DeskConnect, Inc.


毎日の習慣を自動化するために、iPhoneやApple Watchと連携し、アプリと行動を紐付ける自動化ツール。優れたデザインや扱いやすいインターフェースが受賞のポイントになりました。


《Does Not Commute》Mediocre AB


戦略的なドライビングゲームアプリ。最初の方は操作が難しく感じますが、気づいたらハマってしまっています。アプリ内課金をしたら有利に進めそうです(僕も遊んでいます)。


《Fantastical 2》Flexibits, Inc.


OS X Yosemiteに最適化されたカレンダーアプリ。強力な自然言語構文解析機能が評価されデザイン賞を受賞しました。


《Vainglory》Super Evil Megacorp


マルチプレーヤーで遊べるオンラインバトルゲーム。美麗なグラフィックやアニメーションが素晴らしく、MetalやApple A8環境を利用しています。


《Pacemaker》Pacemaker Music AB


iPhoneとApple Watch用に最適化された音楽ミキシングアプリ。リバーブやエコーなどの効果を付与できる機能など、様々なことができますよ。


《jump-O》Gabriel Mathias Rocha Victor Lappas Giménez


手書きテイストのパズルゲーム。ミニマムな世界観が楽しいそうです。


《Elementary Minute》Klemens Strasser


小学生程度向けのシンプルで高速なクイズゲーム。単純な操作で問題の視認がしやすく、一貫性のあるデザインが魅力的です。



以上、「Apple Designs Awards 2015」の受賞作品をご紹介しました。


僕としてはクロッシーロードがオススメです。


日本以外で作られたアプリばかりですが、日本語に対応しているアプリもありますので、一度使ったり遊んだりしてみてはいかがでしょうか?



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら




posted by NIKIRA(ニキラ) at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

【対応策あり】モンストの不具合について

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



テレビCMなどでもお馴染みの「モンスターストライク」。


ご存知の方はとても多いと思います。


略して「モンスト」と呼ぶこのゲームはmixiが運営しています。


先日このゲームのデータを巡り、不具合が発生しました。


僕もモンストをやっていましたが、その被害にはあいませんでした。


しかし、友達がこの不具合に巻き込まれたということなので、今回の記事はそのトラブルについて書きます。



不具合の内容は、「プレイデータのバックアップが一部で正常にできない」ということです。


詳しくは、移行元端末でバックアップが完了しないということと、移行元端末でバックアップは完了するが、移行先端末において「無効なプレイデータです」、または「プレイデータが確認できません」、「入力された ID が一致しませんでした」と表示され、復元ができないことです。


その不具合は4月27日にモンストの公式ホームページのお知らせで発表されています。(その発表は、【モンスト】2015.04.27 プレイデータのバックアップが一部で正常にできない事象について | モンスターストライク(モンスト)公式サイト←こちらから確認できます。)


その発表以前から不具合が起きていたようですがその時点では原因はわかっていませんでした。



そして5月1日、その不具合についての続報が出ました。


そこでは不具合の原因が書かれています。(その発表は【モンスト】2015.05.01 プレイデータのバックアップ機能の修正について | モンスターストライク(モンスト)公式サイト←こちらから確認できます。)


原因は、プレイデータのバックアップをする際に必要となるGoogle社が提供する新しいセーブデータ保存サービスとの連携部分で不具合が発生したとのこと。


どうやらモンストの問題だけでなく、Google側にも問題があったようです。


そのため、モンスト運営はGoogleに修正対応を依頼し、実施してもらっているそう。


具体的な対応策も発表されていますが、ここで書くと長くなりますので、先程貼ったリンクより確認してください。



そしてさらに、5月7日に続報が発表されました。(その発表は【モンスト】2015.05.07 プレイデータのバックアップ機能の改善対応実施について | モンスターストライク(モンスト)公式サイト←こちらから確認できます。)


そこでは、前回(5月1日の発表)示された対応策をもとの仕様に戻すことが発表されました。



これまでの経緯を簡単に書けば次のようになります。


プレイデータのバックアップを巡り、不具合が発生


バックアップのシステム(Googleが関与している)に原因があることが判明


モンスト運営がGoogleに修正対応実施を依頼するとともに、モンスト自体のバージョンをVer4.2より前のものに戻す


モンスト自体を新たなバージョンのVer4.2.1にする


以上のような経緯となっています。



現段階でモンストがプレイできない方は、5月7日の発表をよく読んで、対応してみてください。


簡単に何をすれば良いかと言いますと、「モンストをVer4.2.1にアップデートし、もう一度バックアップをしてみる」ということです。



大抵の場合は上記の対応をすることで不具合は解消されるようです。


しかし…


友達はそう簡単にはいかなかったそうです。


その友達はアップデートまでしてみたとのことですが、不具合はまだ続いていると言っています。


そういう場合は少し面倒ですが、モンストのお問い合わせフォームから連絡しないといけないようです。


そのお問い合わせフォームのページはこちら→モンスト問い合わせ | モンスターストライク(モンスト)公式サイト


必要事項を記入し送信すれば、返信が来るそうです。


友達にもそうするようにすすめておきました。


非常に面倒ですが、今までモンストを長くやってきた人にとっては努力が無駄になったりしては嫌なので、お問い合わせはした方が良いですね。


これからはモンスト運営にはなるべく不具合が起こらないように努めてほしいですね。



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら〜

















posted by NIKIRA(ニキラ) at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

【GW特別記事】おすすめ有料ゲームアプリ紹介!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



GWもあと2日ほど。


明後日には仕事や学校が始まるという方は大勢いらっしゃると思います。


特にGW最終日の明日は、結構憂鬱な気分になったりしますよね。


ですが、今回はGW特別記事として楽しくやっていきたいと思います!


今回はタイトルの通り、おすすめな有料アプリをご紹介します!


どこがGW特別記事なのかというと、いつもの記事よりも少し長く、内容が濃いということです。


今回ご紹介するアプリは全てiOS端末用のものですが、一部Androidにもあるアプリもあります。


個人的には買って損はないと思うアプリのみをご紹介しますが、個人差はあるので参考程度にどうぞ!


それではいきましょう!



まずご紹介するのはこちら!


49B2BE4B-BDB0-487F-8668-0CDAB43E1E3B.png


MINECRAFT POCKET EDITION(マインクラフト ポケットエディション)」です


PC版もあり、世界中で大変人気のあるゲームです。


YouTubeなどの動画サイトでもたくさんのゲーム実況者さんが実況されています。


ご存知の方が多いと思いますが、まだご存知ない方のために、詳しくご紹介します。


このゲームは1m×1m(ゲーム上の設定です)の様々なブロックを使って、家などの建造物を建てたり、サバイバルモード(後で詳しく説明します)でサバイバルゲームを楽しめたり色々なことができます!


このゲームには2つのモードがあります。


一つは先程少しだけ出てきたサバイバルモード。


もう一つはクリエイティブモードです。


サバイバルモードは簡単に言えばそのままのサバイバルゲームができるモードです。


何も無い状態から木を伐ったりその木で何かを作ったり、動物の命を頂戴したり、農業をしたり、敵であるモンスターを倒したり、洞窟を探険したり書き出したらきりが無いほど様々なことができます。


ライフゲージがあり、敵に攻撃されたり高い所から落ちたりすると減っていき、ゼロになると死んでしまいます。


減ったライフは、農業をして育てた小麦でパンを作って食べたり、牛や豚、鳥の命を頂戴して得た肉を食べたりすると回復することができます。

これといった最終目的などはなく、ゆったりと、のんびりとプレイできるゲームです。


(PC版には実績があり、それを解除していくことが一つの目標になったり、エンダードラゴンという強い敵を倒すことを目標とすることもあります。)


PC版の方が機能がとても充実していて面白いですが、マインクラフト初心者の方はアプリ版からプレイすることをおすすめします。



もう一つのモードのクリエイティブモードは最初からほとんどのブロックや物を無限に使えるようになっています。


それを用いて建物を建てたりするなど、色々なことができます!


「あの建物を再現したい!」などといったことはこのクリエイティブモードで実現することができます!(かなり大変ですが…)


PC版では東京ディズニーリゾートを再現したりする方もいらっしゃるそうです。


クリエイティブモードに終わりはありませんね。



さらにこのゲームは同じWi-Fi回線を使ってプレイすると、4人まで通信プレイが可能です!


友達と協力したりしながら楽しむことができます!


ということで、ここまでは「MINECRAFT POCKET EDITION」をご紹介しました!


僕的にはとてもおすすめのアプリです


是非、遊んでみてください!



いつもの記事ならここで終わりなのですが、今回はGW特別記事ということで、もう一つおすすめゲームアプリをご紹介します!


こちらをご紹介します↓


A092633A-C0AD-4048-BEDC-C73A97008E05.png


「DEEMO(ディーモ)」です


こちらもご存知の方が多いと思います!


AppStoreの有料アプリランキングでマインクラフトと一緒にいつも上位にランクインしています!


Androidにもあったと思います。


このゲームアプリは一言で言うと「音ゲー」です。


超ザックリ言えば、「太鼓の達人」のピアノの音版と言ったところです。


画面上部から流れてくるバーが画面下部にあるラインの位置に来たら、そのバーをタップするゲームです。


ピアノの鍵盤を押す感じではありません。


ただ上から流れてきたバーをラインの上でタップするだけです。


主にピアノが多く用いられていて、ゲームがあまり好きでなくても、ピアノが好きならハマるかもしれません(笑)。


このゲームは難易度がEasy(簡単)、Normal(普通)、Hard(難しい)の3つに分かれています。


ですので、ゲームがあまり得意でなくても楽しむことができます。


このゲームは点数がパーセンテージで表示されます。


また、クリア点数などは特に決められていませんが、大体の目標で80%としてみたり、フルコンボを狙う、さらには100%を目指したり、その辺りは人それぞれです。


このアプリにはストーリーが存在し、ゲームをプレイしていくとそのストーリーが進んでいく形になっています。


アプリを購入した時点では遊べる楽曲は少なめですが、プレイしていくと新しい曲がどんどんアンロックされていきますので、飽きにくいです。


さらに追加パックもあり、課金すると遊べる曲を増やすことができます。


曲は様々なジャンルがあり、普通に曲としても楽しめそうなくらいです。


このゲームには慣れが必要だと思うので、初め全く点数が上がらなくてもその内結構できるようになると思います。


僕は友達に勧められてやってみると面白くてハマりました(笑)。


どんな感じのゲームなのか、どんな曲があるのかといったことは、YouTubeで「DEEMO」と検索すると色々出てくると思うので、購入しようか迷っている方はチェックしてみてください。


AppStoreでの評価も非常に高いので、是非遊んでみてはいかがでしょうか。




今回はおすすめの有料アプリを2つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?


すでに知っている方が多いと思いますが、まだ知らなかったという方は遊んでみる価値大いにありですので、遊んでみてください!


今回はGW特別記事として2つのアプリをご紹介しましたが、これからもおすすめのアプリなどあれば一つずつご紹介していこうと思うので、是非ご覧ください!



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら〜









posted by NIKIRA(ニキラ) at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

App Storeの有料アプリが値上げ!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。
是非、最後までお読みください!



昨日の午前2時頃から、App Storeの有料アプリが値上げされました!


具体的には、最安の有料アプリで100円から120円になりました。


100円のアプリが120円になった他、200円は240円、300円は360円、400円は480円、500円は600円というように20%程の値上げが実施されました。


アプリによれば150円のものも登場したとのことです。


また、アプリだけでなくアプリ内課金も値上げされました。


例えば、パズドラの魔法石。
1個100円だったのが120円になりました。
こちらも20%の値上げです。


モンストのオーブも1個100円から120円に値上がりしています。


「100円だと思って課金したら120円だった!」ということにならないように気をつけたいですね。



アプリの値上げは正直辛いですが、たまにセールが行われたりすることがあるので、それを狙って購入するなどをした方が良いと思います



最後までお読みいただき、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


Good bye!

posted by NIKIRA(ニキラ) at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。