スポンサードリンク


2015年09月04日

【悲報→安堵】YouTubeが有料化!←事実ではない?!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



今回は悲報です。


なんとあのYouTubeが2015年末までに有料化されることになりました。


90516D54-4A83-459D-B5C4-1F25228B2190.png
閲覧回数の高い動画は有料会員しか視聴することができなくなるようです。
そしてその動画の製作者は、有料会員が支払う料金の一部を受け取ることができるといいます。


動画製作者は、広告からの収入ではなく視聴者から直接的に収入が得られるようになります。




…という記事を書こうと思っていたら、どうやらここまでの話は間違いのようです。


ねとらぼによりますと、Googleの広報室に問い合わせたところ、有料化の事実を否定したとのこと。



では、なぜ「YouTube有料化」というようなデマが出回ったのか、原因を調べました。


どうやらそれは米メディアThe Vergeが8月28日、「YouTubeが2つの有料サービスの導入を検討している」と伝えたところから始まるようです。
その2つのサービスは、音楽の定額制配信サービスと、動画の広告が非表示になるサービスです。
それらについてら米国で公式に発表されています。
よってThe Vergeの記事に「YouTubeそのものの有料化」という文は書かれていません。


あくまで「有料会員サービスの導入を検討する」としているだけです。


しかし9月3日、ロシアの通信社Sputnic(スプートニク)が8月28日のThe Vergeの記事をソースとして、「YouTubeが2015年末までに有料化」と報じたのです。


ねとらぼによると、Sputnicは今年3月からロシア国営ラジオ局の日本語版サイト「ロシアの声」を引き継いでいるそうです。その「ロシアの声」は、偽のニュースサイトを情報源に記事を作成し公開することがあり、一部では「信頼度の低いメディアだ」とも言われているとか。



Twitterのトレンドワードで「有料化」が出てくるなど、ネット上でかなり話題となり騒がれましたが、「YouTube有料化」はとりあえずデマということで一安心です。


今回のようにネット上でデマや誤った情報が出回ることがあるので、僕たちも得た情報を十分に吟味する必要がありそうですね。



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら




posted by NIKIRA(ニキラ) at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。