スポンサードリンク


2015年08月18日

AppleやAmazonのCEOの年間警護費用はなんと◯◯円!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


「ガジェット好きの毎日」ブログに来ていただきましてありがとうございます。


このブログの筆者のNIKIRA(ニキラ)と申します。


是非、最後までお読みください!



世界的な大企業であるAppleやAmazon。
そういった企業の最高経営責任者(CEO)には、莫大な警護費用が当てられているとのことです。


今回はAppleのティム・クックCEOとAmazonのジェフ・ベゾスCEOの年間警護費用についてお伝えします!



まずはAppleのティム・クックCEOから。


E2306756-A3F1-401D-A94C-85206600FC8B.jpg


年間警護費用はなんと約700,000ドル(日本円約8,700万円)!!この費用はAppleから支払われているそうです。すごい金額ですね!!


その費用の内ほとんどが身辺警護に当てられており、他には生命保険や休暇手当なども含まれています。



しかし、Amazonのジェフ・ベゾスCEOの警護費用はもっと高かったのです!


4B25125B-59B2-4044-8E75-43C50A6F6678.jpg


2013年のデータになりますが、Amazonがジェフ・ベゾスCEOのために当てた年間警護費用はなんと160万ドル(日本円約1億9,900万円)!Appleのティム・クックCEOの年間警護費用の倍以上となっています!



僕たちには想像もつかないほどの大金が警護費用として使われているのがわかります。


世界的な大企業は他にもたくさんありますので、CEOにかけられている年間警護費用を調べてみるのも面白いかもしれませんね!



最後までお読み頂き、ありがとうございました!


それでは、またお会いしましょう!


さようなら





posted by NIKIRA(ニキラ) at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。