スポンサードリンク


2015年07月13日

【訃報】任天堂の岩田聡社長が死去

今回は訃報です。


任天堂の岩田聡(いわた・さとる)代表取締役社長が2015年7月11日に胆管腫瘍のため、京都市の病院で死去しました。55歳でした。


7DA5FF4A-8D5E-4DA7-8010-17AE54FC66BB.jpg


13日に任天堂が発表しました。


葬儀は17日午後1時から京都市左京区岡崎天王町26の岡崎病院で、岩田家と任天堂の合同葬として行われます。


喪主は妻の佳代子(かよこ)さん、葬儀委員長は任天堂の竹田玄洋専務。



岩田社長は2000年に当時任天堂の故山内溥社長に誘われ任天堂に入社。取締役を経て2002年5月、42歳の時に社長に就任。


2004年に「ニンテンドーDS」を、2006年には「Wii」を発売。大ヒット商品となりました。


2009年3月期の決算では売上高が1兆円を突破し、過去最高を記録しました。


スマートフォンの普及により、業績が低迷した時期もあったものの、2015年3月期の決算では営業利益を4期ぶりに黒字転換させました。


今年3月にはDeNAとの資本・業務提携を決定し、スマートフォンゲームの開発を本格化し始めていました。


これからのスマートフォンゲームの開発に期待を寄せられていただけに残念です。


任天堂によりますと、後任社長は未定とのことです。


岩田社長のご冥福を心からお祈り申し上げます。
posted by NIKIRA(ニキラ) at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。